脂肪吸引ってどうなの?

脂肪吸引をやさしく解説

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

脂肪吸引&太るメカニズム


脂肪吸引と関連して、ちょっとだけ「太る」メカニズムについてご説明。


太る=脂肪が増えるということは多くの人がご存知のとおりです。

正確にいえば、脂肪の中にある脂肪細胞がエネルギーの過剰摂取によって肥大することが「太る」ということなのです。


食事などで必要以上にエネルギーを摂取すると脂肪に変わり、体内に備蓄されていきます。

脂肪の中には脂肪細胞とよばれる細胞があり、この脂肪細胞が大きくなるといわゆる「太る」ということにつながるわけです。


もともと脂肪細胞の絶対数自体は減ることはありません。

ダイエットでやせるということはこの脂肪細胞を小さくするという行為ですから、脂肪細胞の数自体は減らないのですね。


その脂肪細胞を外科手術で吸引し、取り除いてしまうのが「脂肪吸引」というやり方です。

ダイエットでは細胞自体の数は変わらないので、仮にダイエットに成功しても、ダイエットをやめて食生活も元通りにしてしまうと脂肪細胞もまた大きくなってしまいます。

逆にダイエット前より体重が増えてしまう場合も良くあります。

これがダイエットにつきもののリバウンドですね。


脂肪吸引の強みは、痩せたい所だけ痩せることができ(部分やせが可能)、脂肪細胞の数を減らしてしまうので、リバンドの心配がないというところにあります。


ただし、せっかく脂肪吸引によって脂肪細胞を減らしても、不摂生などによって、残った脂肪が肥大しない保障はありません。

脂肪吸引の施術後も規則正しい生活を送ることが大切です。
スポンサーサイト
記事編集

脂肪吸引とダイエット、どう違うの?

脂肪吸引ダイエットとは根本的に考え方が違うものです。

ダイエットが体重を減らすことに重点を置いているのに対し、脂肪吸引はボディラインを整えることに重点をおいています。


ダイエットでは、食事制限や運動などを組み合わせなければなかなか思うように体重は落ちません。

そのためダイエットを成功させるためには相当の時間と精神力を必要とします。

これが多くの人が挫折する大きな要因でもあるわけです。

また、ダイエットにはリバウンドがつきものです。

無理なダイエットはリバウンドを引き起こしやすいともいわれます。


対して脂肪吸引であれば、気になるところの余分な脂肪だけを直接吸引するため、簡単に部分痩せが可能になるのです。

たとえ脂肪吸引後残っている脂肪細胞が大きくなったとしても、脂肪細胞の数が減少しているためリバウンドの心配もほとんどありません。


脂肪吸引はこのようにダイエットのデメリットを解決することができる可能性を秘めています。

ダイエットのアキレス腱ともいえる多くの時間が節約でき、リバウンドもほとんどありません。


ダイエットに限界をお感じの方は脂肪吸引をご検討ください。





記事編集

脂肪吸引で吸引する脂肪細胞ってなんなの?

脂肪吸引では文字通り脂肪細胞を吸引します。

脂肪細胞とは脂肪の合成や分解・蓄積をおこなう細胞で、エネルギーを蓄積する役割を持っています。

この細胞が大きくなったり小さくなったりすることで太ったり痩せたりするわけです。


脂肪細胞というのは元々水に浮いてしまうくらい軽いものです。

ですから脂肪吸引をしたからといって劇的な減量にはつながりません。


ですが脂肪細胞自体を取り除いてしまいますので、脂肪吸引にはダイエットにつきもののリバウンドがありません。

さらに脂肪吸引した部分は太りづらくなります。


脂肪吸引では太る原因である脂肪細胞を減少させるため、痩せるだけでなく太りにくい体質にすることができるのです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。